おぼれるいもうと、たすけるお頭

おぼれるいもうと、たすけるお頭

お頭ののったぎょせんで、
ふしぎなことがおこったのは、
それからまもなくのことです。

「たすけて!たすけて!」
ぎょせんのてっぺんで、
てしたの漁師たちにしじをしていたお頭は、
うみのどこからか、
たすけをよぶこえをきいたきがしました。

この記事を見てみる