音のしょうたいと、にんげんのおとこのこ(11話)

音のしょうたいと、にんげんのおとこのこ(11話)

いよいよおおきくとどくようになった音に、エシカルンたちは、ついにそのありかをとらえます。そこには、ぜんしんがどろでひどくよごれ、あつさのせいか、かおをまっかにしたおとこのこのすがたが。
音のしょうたいは、おとこのこが、あせみずくになりながら、てつでできたかたいどうぐをつかって、がけの岩をくだくものだったのです。

この記事を見てみる